コンセプト

ライブ配信の「+α」で収益を最大化

141LIVEはビデオ通話とライブ配信のメリットを集めた全く新しいタイプのライブ配信サービスです。
既存のライブ配信サイトで活躍するライバーは、ファンサービスの一貫としてセキュリティの確保された1対1ライブやグループライブを「+α」として利用することによって、応援してくれるリスナー・サポーターとの関係を強化できます。

LINE・Skype・Zoomといったコミュニケーションツールはその機能が豊富であり、日常のコミュニケーションツールとして活用されているため、ユーザー同士のアカウント(連絡先)の交換はセキュリティ上もプライバシー上もリスクが伴うもの。

141LIVEはLINEのログインシステムを使用していますが、ライブのシステムは独自の配信システムであり、LINEアカウントをお互いに交換する必要は全くないので安心!

コミュニケーションの原点回帰

141LIVEはビデオ通話とライブ配信のメリットを集めた全く新しいタイプのライブ配信サービスです。

リモートワークが定着しつつある昨今、誰かの声が聞きたくなる一方で自分自身も話したい / 話しを聞いて欲しい。という願望が表面化し、各種コミュニケーションアプリの市場が急速に拡大しました。

141 = One for One = 1対1
141LIVEにはグループ配信機能もありますが、もっともシンプルなコミュニケーションである1対1をネーミングの題材にしました。
スマートフォンの普及によって文字でのやりとりが増えてきた私達ですが、たまには誰かと「会話」してみませんか?

安心して交流できる

LINE・Skype・Zoomといったコミュニケーションツールはその機能が豊富であり、日常のコミュニケーションツールとして活用されているため、ユーザー同士のアカウント(連絡先)の交換はセキュリティ上もプライバシー上もリスクが伴うもの。
141LIVEはLINEのログインシステムを使用していますが、ライブのシステムは独自の配信システムであり、LINEアカウントをお互いに交換する必要は全くないので安心です。

いつもの配信に「+α」で取り入れてみませんか?

エンターテイメント&エデュケーション

「オンライン授業」というキーワードがトレンドになっていますが、以前から様々な教育機関やスクールでオンラインによるレッスンやカウンセリングの取り組みはありました。
決済や収益の管理、コミュニケーションツールの相互利用など、ワンストップで全てをまかなうサービスは導入のハードルが高かった印象があります。

141LIVEはライブ配信のエンターテイメントとしての側面だけではなく、エデュケーション(教育)のツールとしてもワンストップで提供できるサービス展開を目指し、リモート時代の社会インフラとしての役割を担っていきます。